子どもへの読み聞かせにおすすめの英語の絵本を紹介◎

簡単な英語で読み聞かせができる絵本

子どもへの読み聞かせにおすすめの英語の絵本画像

絵本の読み聞かせって、やっぱり親である自身がしてあげたいという人も多いのではないでしょうか。
でも、難しい英語だと自分が読めなくて読み聞かせが出来ないし…と諦めていませんか?

実は幼児向けの絵本には、簡単な英語で書かれた本がたくさんあるんです!
今回はその中でもおすすめの絵本を紹介します。

maisy Big,maisy Small

メイジーの絵本画像1

引用:©www.amazon.co.jp

これを読んで育ったという人も多いのではないでしょうか。
かなり人気の高い絵本で、シリーズもたくさんあります。

簡単な単語をイラストで表しているので、とっても分かりやすいんです。

どんなあらすじなの?

幼児向けの絵本となっているので深い内容はありません。
しかし、絵本としてでなく対になる英単語の学習にもなりますよ◎

maisy Big,maisy Smallの英文をピックアップ

  • big-small
  • hot-coll
  • slow-fast
  • black -white…

と、それぞれ対になる言葉を学ぶことができます。
初級編でもあるので、英語を始めたばかりのお子さんにもおすすめです。

maisy’s Fairground

メイジーの絵本画像2

引用:©www.amazon.co.jp

英文をある程度話せるようになってきたらこちらの「maisy’s Fairground」もおすすめ。
先程の英単語に加えて、キャラクターが何をしているのかという物語もついています。

どんなあらすじなの?

メイシーとその友達は一緒に移動遊園地に来ました。
そこではたくさんのアトラクションがあってメイシーたちも大はしゃぎ。
メイシー達が感じるもの・ことをポップアップブックで楽しみながら読むことが出来ます。

maisy’s Fairgroundの英文をピックアップ

They’re driving the bumper cars.
Whee! Thump! Bump!

-彼らはバンパーカーを運転しています。
-わーい! ゴツン! ドスン!

と、このように、英語独特の擬音なども覚えることが出来ます。

英単語は読み聞かせられるけど、英文はちょっと難しい…という人は読み聞かせ動画もあるので、お手本にして練習してみてください◎

One Fish, Two Fish, Red Fish, Blue Fish

ワンフィシュの画像

引用:©www.amazon.co.jp

前半は色や数字など簡単な英単語が出てきて、ページをめくるごとにwhyやdoなどを使ったワンランク上の英文が出てきます。

幼児から読み聞かせても、もちろんOK。
英語を理解できるようになると、後半も難なく読めるほど簡単な英文なので子どもの英語に対してのモチベーションも上がる一冊です。

どんなあらすじなの?

主に魚や動物達などの登場人物を紹介して行く絵本。
「この魚の色は青」「この魚は悪い魚」など実際に使える英文がのっているので、自然と単語の意味や文章が身につきます。

One Fish, Two Fish, Red Fish, Blue Fishの英文をピックアップ

Some are red. And some are ble.
-赤いのもある、青いのもある。

Some are~など簡単な英文の実用的な使い方がのっています。

Some are sad. And some are glad.
-泣いているのもいれば、喜んでいるのもいる。

このように繰り返して使われているので、英語も覚えやすくなっています。
知らない単語も絵と組み合わせればどんな意味なのか想像しやすいですよね!

発音などはこちらでチェックしてみてください◎
ページをめくるにつれ、どんどん英文が増えて難しそうに見えますが、書かれている英文は簡単なもので実用的なものばかり。

英語の勉強も兼ねた読み聞かせにはうってつけです。

PR:【ハッチリンクジュニア】無料体験実施中!

The Giving Tree

ザギビングツリーの画像

引用:©www.amazon.co.jp

少年が大好きな木の話。
村上春樹も翻訳しており、大人向けの内容と言われていますが、ちょっとした切なさや大切なことを教えてくれる本となっています。

どんなあらすじなの?

りんごの木と友達の少年。
たくさん遊んで、心を通わせていた。
大人になった少年はお金が必要になり、木に相談する。
「私の果実を売りなさい」と木は言った。

そうして大人になるにつれて少年は木へ相談し、木は身を削りながら相談にのる。
本当の愛とはどんなものかを問う物語。

The Giving Treeの英文をピックアップ

And every day the boy would come

-毎日男の子は来るだろう

最初の部分は基本的な英文がほとんど。
意味も分かりやすく、

  • tired
  • sleep
  • happy

などの単語を実用的に使われています。

簡単な英文から始まり、少年が成長するに連れて英文も濃くなってくるので少しずつ読み聞かせると良いかもしれませんね。

後半の長文が不安、という人は動画で発音を確認してみてください◎
内容も充実しているので、意味が分かるときっとお気に入りの本になるはず。

No,David!

ノーデイビッドの画像

引用:©www.amazon.co.jp

このイラスト見たことがある!という人もいるのではないでしょうか。
簡単な英文や否定文と、大きな絵で親しみやすく分かりやすい絵本となっています。

どんなあらすじなの?

デイビッドはわんぱく坊主。
でもいたずらがすぎていつもママに叱られてしまう。

なんだか憎めないデイビッドとママの親子愛のある物語。
思わずクスッと笑ってしまうわんぱくっぷりにも注目です。

No,David!の英文をピックアップ

Go to your room!
-自分のへ行きなさい!

中学生で習う文章も、絵と文で理解することが出来ます。

Put your toys away!
-片付けなさい!

このようにネイティブならではのPutの使い方もあるので、ナチュラルな日常英語に触れ合えます。
子どもに注意する時も、絵本を真似て英語でしてみると良いかもしれませんね◎

発音の仕方などはこちらの動画でも確認できます。
デイビッドシリーズは他にも何作かあるのでそちらもおすすめ。

色々な本を読み聞かせてみよう!

子どもへの読み聞かせにおすすめの英語の絵本画像2

絵本は1冊にかぎらず、色々な種類を読み聞かせましょう◎
というのも、結構子どもにとっての絵本の好みに合わない時もあります。
Amazonなどでは試し読みもできるので、一度子どもに見せてみて反応がよければ購入してみると良いかもしれません。

今回紹介した絵本もぜひ参考にしてみてください!